保護者の方へ|山口県若者就職支援センター|YYジョブサロン

トップ留学生の方はこちら>留学生インターンシップ

ご利用案内

  • ジョブサロン施設案内
  • ジョブサロン利用術
  • 県民局キャリアカウンセリング
  • ヤングハローワーク
  • セミナー・イベント
  • e-ラーニング特設ページ

リンク集

  • 求人リンク
  • お役立ちリンク
  • 就職サポート
  • 各都道府県ジョブカフェ一覧
  • YYジョブナビ
  • 建設企業特設ページ
  • ものづくり企業バンク

スマートフォンはこちら

スマートフォンはこちら

スマートフォンサイトはこちらから!

利用者登録で求人情報が携帯に届きます。

携帯電話はこちら

カウンセリング予約や新着イベント情報がチェックできます。

留学生インターンシップ

留学生インターンシップ利用者は山口県内の大学院生、大学生、短大生、高等専門学校生の方が対象です。

実施要項

2017年7月18日 ver1.0

1.主旨

 年々山口県内の大学、短期大学、高等専門学校に留学する海外の留学生は増えていますが、日本国内での就職を希望する留学生の多くは、 東京、大阪、福岡等の都会の企業への関心が強く、高度人材の確保を望む山口県内の中小企業とのミスマッチが見受けられています。
 地元企業への関心が低い理由として、山口県内の中小企業の情報露出が少なく、企業そのものを知らない、何をしているのかを知らない等の 基本的な情報不足が挙げられます。
 このような情報格差を無くす為に「山口県若者就職支援センター」が保有する山口県内の企業情報と外国人材コーディネーターが収集する 企業情報を組み合わせて外国人留学生に特化した企業情報を外国人留学生に提供し、山口県内の中小企業と外国人留学生のインターンシップを コーディネートすることで、外国人留学生に、より身近に山口県内の中小企業に接してもらい、山口県内の中小企業を積極的にアピールしつつ、 外国人留学生に日本の企業文化、習慣、就業体験等の学びの場として利用してもらい、ひいては外国人留学生の県内就職、定着を図ります。

2.実施時期

 随時ですが受入企業に負担のかからない時期が望ましい。

3.募集期間

 随時とする。

4.実施期間

 特に指定なし、1日〜5日程度を推奨します。

5.対象学生、学年

 県内の外国人留学生と県外で山口県の中小企業に興味のある外国人留学生(大学、短期大学、高等専門学校に在籍する)、学年は問いません。

6.受入先

 山口県内の外国人留学生インターンシップ受入可能な中小企業とします。

7.内容

@外国人留学生をインターンシップで受入可能な中小企業、あるいは外国人留学生の雇用を望む中小企業と、 日本及び山口県内で就職を希望している外国人留学生のインターンシップを外国人材コーディネーターがコーディネートします。 実施要項 ※1 日程、内容を外国人材コーディネーターが調整します。
※2 留学生が「自由応募型インターンシップ参加届出」を学校に提出すれば、学校の行事の一環として 留学生インターンシップが認められて、学生が加入している保険の対象となる。 (山口大学の場合、他の大学も同様の仕組みがあると思われるが、実施時に確認する。)
※3 機密保持等の誓約書を留学生が企業に提出します。
※4 山口県若者就職センター長の承認をもって、留学生インターンシップを実施したとみなします。
※5 「外国人留学生等インターンシップ受入補助金交付要綱」(別紙)によります。

A受け入れ先企業に出来るだけ時間と費用をかけないものとします。

Bインターンシップ受入のための特別な教育カリキュラムを組む必要はありません。日常業務の就業体験が目的です。 ただし最初の日は会社概要の説明や安全対策、最後の日にはまとめなどのミーティングを持つことが望ましいと考えられます。

Cインターンシップ受入の時間は、基本的には受け入れ先の就業時間ですが受け入れ先・留学生双方の要望を取り入れ柔軟に調整してください。

Dインターンシップ実施中、実施期間終了後に外国人材コーディネーターが企業、留学生双方から体験談、意見等を聴収します。

Eインターンシップは受け入れ企業等での就職を前提とするものではなく、またインターンシップ実施後の留学生の採用を義務付けるものではありません。

Fその他、インターンシップ実施期間中における実施計画の変更等に際しては外国人材コーディネーターが連絡を受け調整します。

8.報酬等

 原則として交通費、宿泊費、食事代などはすべて学生の自己負担とし、報酬もないものとします。
 ※交通費・宿泊費の補助制度を実施しています。詳細は「外国人留学生等インターンシップ受入補助金交付要綱」(別紙)を参照してください。

9.事故・損害、機密保持等

@実施期間中の留学生の事故については受け入れ先は責任を負わないこととします。留学生は学生教育研究災害傷害保険(略称:「学研災」) および学研災付帯賠償責任保険(略称:「付帯賠償」)などインターンシップ保険等に加入して、事故に備えることとします。
 ※留学生が「自由応募型インターンシップ参加届出」を学校に提出すれば、学校の行事の一環として留学生インターンシップが認められて、 学生が加入している保険の対象となります。(山口大学の場合、他の大学も同様の仕組みがあると思われるが、実施時に確認する。)

A機密保持等については、留学生から誓約書の提出を義務付けております。

10.確認事項

 受入企業と留学生が双方で確認すべき最低限の事項を下記に紹介しますので、参考にして下さい。

@参加学生
 氏名、国籍、所属学部・学科、学年、連絡先(住所・電話番号・メールアドレス等)

Aインターンシップのテーマと内容
 参加目的、期待する成果、研修プログラム

B受け入れ条件
 期間、時間、休日、手当・食事代・交通費支給の有無、インターンシップ保険への加入など。

Cインターンシップ実施にあたっての責務
(留学生)
 受入条件に沿ってインターンシップに参加する。
 研修プログラムに基づいた業務を誠実に遂行し、参加目的の実現を図る。
 受入企業の社内規則、規範に従う。
 知りえた秘密情報は外部に漏らさない。
 外国人材コーディネーターに実施後の評価報告をする。

(企業)
 必要なオリエンテーションを提供する。
 期間中の責任者を任命し、留学生の安全を確保しつつ適宜助言・指導を行う。
 外国人材コーディネーターに実施後の評価報告をする。
(外国人材コーディネーター)
 事前に双方への意識づけ、準備を行う。
 実施後はすみやかに双方の評価結果を吸い上げる。

D事故・災害発生時の対応
 企業、留学生、外国人材コーディネーターそれぞれの連絡先を確認しておく。
 留学生にインターンシップ保険等が適用されることを確認しておく。

Eインターンシップの打ち切り
 留学生が上記責務を果たさない場合や、企業等の実績・評判を損なうような行為があった場合は、企業等は直ちにインターンシップを打ち切ることが出来る。

Fその他
 不明な項目はその都度検討、協議するとする。

11.書類等

@自由応募型インターンシップ参加届
 山口大学の書式例、他学校はその学校の書式に準じて下さい。
 ※この書類の提出がないと保険が適用されません。必ず学校に事前提出して下さい。

A誓約書
 留学生が企業に提出します。外国人材コーディネーターが準備します。

B自由応募型インターンシップ体験報告書
 山口大学の書式例、他学校はその学校の書式に準じて下さい。

C留学生インターンシップ実施証明書
 山口県若者就職センター長の承認をもって、留学生インターンシップを実施したとみなします。



やまぐち就活カレンダー

P1グランプリ

やまぐち地域就職説明会

山口就職ガイダンス

ふるさと山口企業合同就職フェア

カウンセリング予約|ご予約はこちらから

職業的興味や職業経験、能力等に適した職業のアドバイスを行います。

求職者登録

求職者登録をご利用頂くと、就職活動に必要な情報をより詳細に閲覧頂けるようになります。
また、企業へ採用面接の依頼をするなど便利な機能をご利用頂けるようにもなります

既に登録されている方

ログイン

登録がお済みでない方

求職者登録

山口県ふるさとワーキングホリデー

下関市新卒就活応援事業

やまぐち働き方改革支援センター

各種検索機能

県内企業検索

求人検索

企業イベント検索

山口県インターンシップ推進協議会

  • 能力開発相談
  • 適職診断
  • 履歴書作成・模擬面接
  • ふるさと山口就職説明会

YYジョブサロンline@ YYジョブサロンTwitter

ページの先頭へ